fbpx
今すぐ料金相談

FUE法 自毛植毛

「メス」を使用しない最先端の植毛移植法「FUE法」は、患者様にかかる身体的負担や手術に対する恐怖感をできる限り抑え、なおかつ自然で高密度な仕上がりを実現してくれる最良の手術法になります。



グラフト採取 FUE法はメスを使って皮膚を切ったり縫合したりすることがなく、極めて細い0.8mmのパンチブレードを使い1株ずつ後頭部から毛根を採取しますので手術時の傷が浅く、従来の切る手術では避けられなかった術後の傷の疼痛がほとんどありません。

局所麻酔を使いますので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。また、患者様それぞれの毛質・毛の太さに合わせて3種類の太さのパンチ(採取器具)を使い分けます。これにより、採取時の毛根損傷をできる限り抑えつつ、採取部の傷痕も限りなく小さく抑えます。

その後に、移植をするホールの作成作業に移ります。
採取した毛根を移植するためのホールを一般的な自毛植毛ではスリットナイフを使って小さなスリット(切り込み)を作りますが、Goen Aesthetic社は非常に貴重な宝石であるサファイアから製造されたサファイア針を使ってホール作成を行います。

なぜ一般的に使われているスリットナイフを使わずに、サファイア針を使うメリットは。

・表面が滑らかで、抗菌性、硬度、切れ味、耐久性などの物理的特性を備えているため、サファイア針を使用した場合の外傷と組織損傷の両方のリスクが最小限に抑えられます。

・サファイア針を使用したFUE法植毛は、スリットナイフ使用者よりもより密度の高い移植ができるため、より薄毛が進行している患者様に適用しております。

そして最後に、グラフトの移植。
作成した移植ホールに採取した毛根を1本ずつ丁寧にピンセットで移植を行います。



FUE法自毛植毛のメリット・デメリット
メリット

  • 後頭部をメスで切り取らないので、縫合の線状の傷跡ができない。
  • 術後、激しい痛みがない。
  • 少量の植毛移植も可能。
デメリット
  • 熟練した技術が必要です。
  • 坊主にすると米粒状の白い傷跡が多数見える。





»自毛植毛手術後の注意事項